コンテンツへスキップ

噛んだときに安定

インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらいしっかりした構造になっています。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが優位に立ちます。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという覚悟もしなければなりません。
インプラント治療は、まず何が大切かというと、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。
かなり専門性の高い外科的治療を要するので、成功例ができるだけ多い、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
それにとどまらず、必要な費用についてきちんと話してくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども後悔しない歯科医選びの決め手となります。
インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の優れた歯科医を探したいならば、海外に渡ってでも治療を受けるという手段もあります。
そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。
長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクをゼロにすることはできません。
治療が失敗すると、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。
例外はありますが、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に治療費を収入から引くことができます。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は必ず要求されるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。
ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を強いる原因です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しいケースでは費用はその数倍に及ぶことを重々承知しておいてください。
「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせることが可能です。
これに対し、抜歯した後は、入れ歯もありますが、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。
重度の虫歯になってしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、自分の気持ちが固まりました。
自費診療なので、かなりの額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントにして良かったと思いました。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に選択肢としてインプラント治療があります。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつけるため、費用がかかることは確かですが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。
義歯でも、見た目や使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。
PRサイト:ホワイトニング用歯磨き粉の評価はくちこみサイトで