コンテンツへスキップ

期待が持たれるインプラント

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。
この点は、歯科医の技量や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置をとっても腫れがなかなか引かないという時は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。
よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればもしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。
前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療が一番ふさわしいでしょう。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みが出てくるケースもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
最近話題になることも多いのがインプラントです。
しかし、制約もあるので覚えておきましょう。
最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないことです。
後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする可能性は高いといえます。
注意してください。
インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
かなり専門性の高い外科的治療を要するので、症例数が多ければ多いほど良く、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。
また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればもう少し粘ってみてください。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療は決して不可能ではありません。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして十分調べてください。
インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、極力安静を保って生活を送ってください。
日常生活では力をかけないように努め、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらく行わないようにしましょう。
血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。
日頃から運動をしている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておきましょう。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方もずいぶん見受けます。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローンで支払いができる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療に取りかかることはできるケースが増えました。
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほどしっかりした構造になっています。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。
それは気にしないでください。
MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。
当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。
そのため、MRI検査は問題なくできます。
参考サイト:歯の茶渋を落とす歯磨き粉