コンテンツへスキップ

体温が低い状態が続くと血行が悪くなり、栄養素が体のすみずみに至らなくなり、排卵障害が起きたり、子宮機能が低下して妊娠しづらくなるのです。
最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。
血液の循環を良くして代謝機能を底上げするだけでなく、ストレスを和らげる効果もあります。
冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく作り変えましょう。
妊娠する前の段階で葉酸を摂取するように、と読んでいる雑誌で特集が組まれていました。
その記事によると、葉酸は、胎児が元気に成長するための必要不可欠な栄養素だと書いてありました。
ビタミンBのひとつなので、野菜や果物などにも含まれているようですが、私は普段の生活では野菜をあまり食べていないので、そういう場合は葉酸サプリにサポートしてもらうのも良い方法だそうです。
葉酸サプリは色々な会社が出しているのですが、赤ちゃんと身体のことを考えて、安全性が高く、安心して飲めるものを探して充実した妊活ライフにしたいと思っています。
意外に思われるかもしれませんが、妊活中にも亜鉛が大変重要な働きをしますので、忘れずに摂取するようにしましょう。
亜鉛が卵巣に働きかけ、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。
妊活中の女性以外にも、男性側も、十分に亜鉛を摂取するようにしましょう。
亜鉛は卵巣に働きかけるだけでなく、精子の量を増やし、質の高い精子の生成を手助けしてくれるという訳です。
亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。
ぜひご夫婦で亜鉛摂取を始めてみるのが良いと思います。
葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。
しかし、妊娠中は葉酸だけに気を配れば良いのかと言うと、そうではありません。
葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。
ですから、もし、サプリを利用して葉酸の摂取を考えている方は、妊婦にとって不可欠な栄養素である、ビタミンやミネラルなどが25種類前後入っているものを選べば必要な成分を適切に補うことが出来るという訳です。
妊娠しやすい体になるために、「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方も摂取をオススメします。
不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。
体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。
ときには友人や家族の励ましや、本人の不安などが不妊治療に通ううちに重積してくることも少なくなく、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。
穏やかな気持ちで治療を続けることは大切です。
妊婦にとって重要な葉酸ですが、加熱すると失われやすいという弱点があります。
ですから、調理法にちょっとしたコツがあります。
葉酸摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。
とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。
どうしても加熱の必要がある時には長時間の加熱は避けて、サッと熱を通すくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。
こうした調理や食事が負担だと考える方は、葉酸サプリで摂取するのが手間がかからず良いと思います。
妊婦にとって大切な栄養素は幾つかありますが、その中でも近年注目を浴びている葉酸や、卵巣に影響を与える鉄分は、一般的に不足しがちなものだと言われています。
普段の食事で得られる量では適切な量の摂取が難しいとされています。
ですからサプリメント等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。
最近は、こうした不足しがちな成分をすべて含有しているサプリが見かけますから、こうしたサプリを選べば不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。
妊婦さんにとって葉酸が大切だという話を耳にすることが増えてきました。
葉酸は胎児の健やかな成長を促すために最も大切な成分ですが、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかったとすると、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。
葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天性の障害を発症する要因になると知られています。
それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、より積極的な摂取が求められます。
一般的に、妊娠中は当然のこととして、それ以前の妊活期間からの摂取が望ましい葉酸は、日々の生活に追われていると、十分な摂取が出来なかった、という事も良くあると思います。
こうした悩みを解決するために、ぜひおススメしたいのがサプリメントなんです。
普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、仮に食事での摂取が不十分だとしても安心できますよね。
妊娠初期(妊娠前1ヶ月~妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、最も大切な栄養素が葉酸だという事をご存知ですか?胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、例えばサプリメントなどを活用しながら十分に葉酸を摂取するように心がけてください。
厚生労働省が発表した、理想的な摂取値は1日0.4mgをきちんと摂取することが求められていますね。
これだけの葉酸を野菜だけで摂ろうとするとあまり現実的ではありません。
ですから葉酸サプリで補給するのが良いと思います。
続きはこちら>>>>>妊婦さんが葉酸サプリを飲まないのは危ない

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
当然、歯が全く残っていない状態では、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも利用できるのがインプラントの強みです。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはめったにありません。
見た目からしても、自分の歯のようにとってつけた感じにならず、これは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。
前歯など、自然に見せたい歯の場合は最適な治療と言えます。
利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
その点は、担当医の技量に加え、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。
担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置をとっても腫れや痛みが収まらない場合は、直ちに歯科で診てもらってください。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工の歯を作ることだと考えてください。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべきです。
インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修を受けています。
インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには安易に妥協せず、できるだけ幅広く情報収集するのが成就への第一歩です。
保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。
トータルで30万円から40万円と考えてください。
相場は地域によって異なります。
歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。
できればいくつかの歯科医院を比べ、治療に取りかかることをすすめます。
いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
多くの歯科医院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、麻酔のために入院することはまずありません。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
自分が当てはまるという方は、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>おすすめのホワイトニングジェルで歯のケアを行います

治療を断念する方もいるくらい、イことを知っておいてください。
健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。
自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどで治療全体で、その数倍の費用が必要になることを覚悟した上で始めなければなりません。
手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、違和感がおさまらないときはすぐに歯科医に連絡することを心がけてください。
インプラントは人工歯なので虫歯を気にしなくて良いのですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。
長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが重要事項の一つになります。
感染症対策について、具体的な取り組みをウェブサイトの中で説明している歯科医院も当たり前のようになっていますから、そこで調べるのも良いでしょう。
最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも利用できるのがインプラントの強みです。
インプラント治療による危険性を様々な情報ツールで調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという問題はありませんでしたか。
それは本当のことではありません。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、MRI検査への影響はありません。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
見た目の問題を考えると多くのケースではインプラントが優っていると考えられます。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛さもあるのです。
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、以前と比べて息のニオイが気になるという話もたまにあるということです。
これでは折角のインプラントが台無しです。
理由としては、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているケースもあり得るのです。
ひょっとして、と思ったら、早期に診察してもらうことが大切です。
全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。
この治療の費用は歯科医院ごとに幅があるのが普通です。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。
大まかな相場はありますので、心配しないでください。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみて良いでしょう。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。
プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。
熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必要不可欠です。
当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。
よく読まれてるサイト:タバコを吸うと歯の黄ばみがついて困ります

インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっており差は大きいと断言できます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと言えます。
歯科医選びに全力を尽くすことが治療の成否を決めるのです。
インプラント埋入は外科手術なので、術後は極力安静を保って過ごすように努めましょう。
日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動は当分控えてください。
血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。
日頃から運動をしている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と話し合うと安心できます。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を強いる原因です。
現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることを承知しておく必要があります。
ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の負担が重くのしかかる方も多いのが当然です。
それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名前をつけて独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療に取りかかることは十分可能になりました。
歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
保険がきかない理由ははっきりしています。
インプラント治療をすすめようとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、時間に見合った医療費がかかります。
これを保険適用にしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。
まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することを忘れないでください。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。
ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯科医に相談することが大事です。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば従来はできないといわれていた症例でも治療可能になっています。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。
もっと詳しく調べたい方はこちら⇒安くて効果的なるホワイトニングジェルを買った

インプラント埋入は外科手術なので、術後はしばらくの間、極力安静に生活を送ってください。
日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらくの間は控えましょう。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておきましょう。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが大事だと心得てください。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院も確実に増加していますので、真っ先に見ておきたいところです。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。
典型的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのがだいたいの流れです。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
インプラント埋入手術では、術中、大して痛くないのが普通です。
麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。
術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、マイナスの部分も理解しておきましょう。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
難しいケースでは数十万円かかることも覚悟してください。
加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいてください。
本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。
この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れや痛みが収まらない場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。
インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保たせることが可能というケースが増えています。
ということは、日頃のケアを欠かさなければかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。
また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
詳しく調べたい方はこちら>>>>>歯を白くする セルフ