コンテンツへスキップ

インプラント埋入は外科手術

インプラント埋入は外科手術なので、術後はしばらくの間、極力安静に生活を送ってください。
日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらくの間は控えましょう。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておきましょう。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが大事だと心得てください。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院も確実に増加していますので、真っ先に見ておきたいところです。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。
典型的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのがだいたいの流れです。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
インプラント埋入手術では、術中、大して痛くないのが普通です。
麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。
術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、マイナスの部分も理解しておきましょう。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
難しいケースでは数十万円かかることも覚悟してください。
加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいてください。
本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。
この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れや痛みが収まらない場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。
インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保たせることが可能というケースが増えています。
ということは、日頃のケアを欠かさなければかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。
また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
詳しく調べたい方はこちら>>>>>歯を白くする セルフ