コンテンツへスキップ

人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっており差は大きいと断言できます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと言えます。
歯科医選びに全力を尽くすことが治療の成否を決めるのです。
インプラント埋入は外科手術なので、術後は極力安静を保って過ごすように努めましょう。
日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動は当分控えてください。
血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。
日頃から運動をしている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と話し合うと安心できます。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を強いる原因です。
現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることを承知しておく必要があります。
ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の負担が重くのしかかる方も多いのが当然です。
それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名前をつけて独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療に取りかかることは十分可能になりました。
歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
保険がきかない理由ははっきりしています。
インプラント治療をすすめようとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、時間に見合った医療費がかかります。
これを保険適用にしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。
まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することを忘れないでください。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。
ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯科医に相談することが大事です。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば従来はできないといわれていた症例でも治療可能になっています。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。
もっと詳しく調べたい方はこちら⇒安くて効果的なるホワイトニングジェルを買った