コンテンツへスキップ

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
当然、歯が全く残っていない状態では、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも利用できるのがインプラントの強みです。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはめったにありません。
見た目からしても、自分の歯のようにとってつけた感じにならず、これは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。
前歯など、自然に見せたい歯の場合は最適な治療と言えます。
利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
その点は、担当医の技量に加え、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。
担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置をとっても腫れや痛みが収まらない場合は、直ちに歯科で診てもらってください。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工の歯を作ることだと考えてください。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべきです。
インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修を受けています。
インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには安易に妥協せず、できるだけ幅広く情報収集するのが成就への第一歩です。
保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。
トータルで30万円から40万円と考えてください。
相場は地域によって異なります。
歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。
できればいくつかの歯科医院を比べ、治療に取りかかることをすすめます。
いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
多くの歯科医院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、麻酔のために入院することはまずありません。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
自分が当てはまるという方は、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>おすすめのホワイトニングジェルで歯のケアを行います